So-net無料ブログ作成
検索選択
輪廻転生 ブログトップ

寝るということ夢をみること [輪廻転生]

モノの本によると人はこの世に何度も生まれ死んでを繰り返す

輪廻転生という作業をずっと行っているそうです。

しかしその記憶は消されるので、今生きている私たちが昔何であったのかは知りえません。

 モノの本とはどういう本かというと、臨床医師やカウンセラーの方が書かれた、ご自身のクライアントからインタビューした、生まれる前の記憶の紹介という内容の本です。

記憶がないのですから、当然普通にインタビューしても誰も覚えていません。

退行催眠や臨死体験という、意識を極限まで無くした状態にすると、私たちは、何か別のものとつながるようです。

そんな馬鹿な、そんなことがあるものか、と思う人がほとんどだと思います。

けれど、嘘だと思うなら、深い瞑想状態に入ってみてください。

意識をなくしつつ、覚醒していると、この世の景色とは違うものに出会うはずです。

・・・・これはきっと 

 ヒマラヤの奥地で30年くらい修行すればできるようになると思います(笑)

 私たちは、日常的に実はこの状態に入ってます。

それが、「寝る」という作業なんだと思います。

毎日私たちはなぜ寝るのでしょう?

体を休ませるため?

けれど、寝ているとき、心臓は止まっていますか?

体は全く休んでいないですよね?

意識はなくとも、脳も活動しているのは別に専門家でなくてもわかるでしょう。

私たちは結局、いわゆるあの世とは切れていなくて、毎日あの世に戻っているのだと思われます。

私自身毎日あの世に行くつもりで寝ているわけでなく、ただ意識を失っているだけですので、

その間何をしているかは知りませんので、これもモノの本によると、という話になりますが、

たぶん、そうなのでしょう。

そして、その間「夢」を見ることがあります。

だから夢はこの世とあの世の境目にあるような感じがして、そこに何かしらのメッセージを私たちは感じてしまうのではないでしょうか。

 毎日起きるときに生まれ、寝るときに死んでいくという、小さな輪廻転生を毎日私たちは繰り返し、

やがて、今回の目的を達したときに、輪廻転生の波の中に戻っていくのだと思います。

 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い
輪廻転生 ブログトップ